コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロハノトサカモドキ

海藻海草標本図鑑の解説

ヒロハノトサカモドキ

からだは膜状でやや硬く,叉状に数回分岐して扇型になる。小さな盤状付着器から短い円柱形の茎状部を出して直立する。皮層には色素体を持った小さな細胞が 3〜4層程度見られ,髄層には大きく無色の細胞が1〜3層と大型の細胞の間を埋めるような小型の細胞が見える。成熟したものは縁辺部が細かく縮れて,黒く 縁取られたように見える。生体は紅色〜濃い紅色。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

ヒロハノトサカモドキの関連キーワードトサカモドキ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android