コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロハノトサカモドキ

1件 の用語解説(ヒロハノトサカモドキの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ヒロハノトサカモドキ

からだは膜状でやや硬く,叉状に数回分岐して扇型になる。小さな盤状付着器から短い円柱形の茎状部を出して直立する。皮層には色素体を持った小さな細胞が 3〜4層程度見られ,髄層には大きく無色の細胞が1〜3層と大型の細胞の間を埋めるような小型の細胞が見える。成熟したものは縁辺部が細かく縮れて,黒く 縁取られたように見える。生体は紅色〜濃い紅色。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒロハノトサカモドキの関連キーワードイギス興津海苔叉状叉状脈鹿角苔トサカノリヒジキ分岐シクロデキストリンマコンブクロモ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone