コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンクマル Hincmar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒンクマル
Hincmar

[生]806
[没]882.12.21. エベルネ
カロリング朝時代のランス大司教。サン・ドニ修道院で学んだのち,フランク王国の宮廷に入りルートウィヒ1世 (敬虔王) に仕え (834) ,王の死後は西フランク王カルル2世 (禿頭王) に仕えて,845年ランス大司教となり,政治・宗教面で大きな力をふるった。ベネディクト会のゴットシャルクの予定説を攻撃した際は宮廷における権力をも悪用した。フランク国内の教会の独立権を主張し,ローマ教皇ニコラウス1世と争った。晩年ノルマン人の侵入を逃れる途中没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒンクマルの関連キーワードレオ4世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android