コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンドゥー大連盟 ヒンドゥーだいれんめいHindu Mahasabha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒンドゥー大連盟
ヒンドゥーだいれんめい
Hindu Mahasabha

1907年ヒンドゥー・コミュニティの利益擁護,向上を目標にパンジャブで創立されたインドの政党。 1920年代インド国民会議派と密接な関係にあったが,そのヒンドゥー原理主義のために国民会議派と対立した。 V.D.サバルカルが総裁となった 39年の大連盟は,インド2民族論を強調し,結果的にはインド,パキスタンの分離独立に多大の影響を及ぼした。第1回総選挙に際し,全国政党として認定されたが,60年代には没落,ヒンドゥー原理主義の中心はインド大衆連盟 (1951創立) に取って代られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒンドゥー大連盟の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太新派劇ドキュメンタリー映画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android