コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンドゥー・マハーサバー Hindū Mahāsabhā

1件 の用語解説(ヒンドゥー・マハーサバーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンドゥー・マハーサバー【Hindū Mahāsabhā】

1913年に結成されたインドの政党。ムスリム連盟の結成(1906)に反発したパンジャーブヒンドゥー・ハバーなどが発展したもので,ヒンドゥーイズムに基づきインドを統一しようとする宗教的セクト主義の政党である。当初,ラージパット・ラーイやM.M.マラビーヤなど国民会議派の有力な指導者もメンバーで,組織は会議派とともに成長した。しかし,20年代末から宗教的セクト主義の性格がいっそう強まり,37年から48年まで総裁の座にあったサーバルカルVinayak Damodar Savarkar(1883‐1966)の時代には会議派と立場を異にし,イギリスの戦争努力を支持し,42年の〈インドを去れ〉運動で会議派指導部が投獄されている間に勢力を伸長させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒンドゥー・マハーサバーの関連キーワード愛国公党憲政党社会主義インターナショナルトムスクムスリム連盟立憲民政党みんなの党在日本朝鮮人総連合会労働党地域政党

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone