コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンドゥー・マハーサバー Hindū Mahāsabhā

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンドゥー・マハーサバー【Hindū Mahāsabhā】

1913年に結成されたインドの政党。ムスリム連盟の結成(1906)に反発したパンジャーブ・ヒンドゥー・ハバーなどが発展したもので,ヒンドゥーイズムに基づきインドを統一しようとする宗教的セクト主義の政党である。当初,ラージパット・ラーイやM.M.マラビーヤなど国民会議派の有力な指導者もメンバーで,組織は会議派とともに成長した。しかし,20年代末から宗教的セクト主義の性格がいっそう強まり,37年から48年まで総裁の座にあったサーバルカルVinayak Damodar Savarkar(1883‐1966)の時代には会議派と立場を異にし,イギリスの戦争努力を支持し,42年の〈インドを去れ〉運動で会議派指導部が投獄されている間に勢力を伸長させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヒンドゥー・マハーサバーの関連キーワード牧野省三カフカセネット[各個指定]芸能部門デトリングチームⅩネグリチュードバルカン戦争バレーボールマケドニア共和国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android