コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒーラ Hira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒーラ
Hira

現イラクのクーファ南方にあった古代都市。イスラム以前のアラビア史に重要な役割を演じた。軍事基地として発達し,ラフム朝 (3~7世紀) の首都となり,ペルシアとアラビア半島との間の交通の要衝となった。またアラビア文化の中心地として栄え,アラビア文字,アラビア詩,キリスト教 (ネストリウス派 ) などがここから広められたが,633年ムハンマドの軍隊に開城して滅亡の道をたどった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒーラの関連キーワードロッジ(Oliver Joseph Lodge)マルコーニ(Guglielmo Marconi)フッカー(John Lee Hooker)アーマー(Ayi Kwei Armah)オーストラリアン・キャトル・ドッグコロラド川(アメリカ合衆国)ハーリド・イブヌル・ワリードハッサーン・イブン・サービトカルゼッキ‐オネスティ効果フナイン・ブン・イスハークアムル・イブン・クルスームアレクサンドール ポポフエドワード ブランリー小巻(エンジェルこま)リチャード カールソンウェスト・バージニアラテンアメリカ音楽ペンシルベニア州J.C. ボースインド国立博物館

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒーラの関連情報