コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒーラ Hira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒーラ
Hira

現イラクのクーファ南方にあった古代都市。イスラム以前のアラビア史に重要な役割を演じた。軍事基地として発達し,ラフム朝 (3~7世紀) の首都となり,ペルシアとアラビア半島との間の交通の要衝となった。またアラビア文化の中心地として栄え,アラビア文字,アラビア詩,キリスト教 (ネストリウス派 ) などがここから広められたが,633年ムハンマドの軍隊に開城して滅亡の道をたどった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒーラの関連キーワードマルコーニ(Guglielmo Marconi)ロッジ(Oliver Joseph Lodge)フッカー(John Lee Hooker)アーマー(Ayi Kwei Armah)オーストラリアン・キャトル・ドッグコロラド川(アメリカ合衆国)ハーリド・イブヌル・ワリードハッサーン・イブン・サービトカルゼッキ‐オネスティ効果アムル・イブン・クルスームフナイン・ブン・イスハークアレクサンドール ポポフエドワード ブランリーリチャード カールソン小巻(エンジェルこま)ウェスト・バージニアラテンアメリカ音楽ペンシルベニア州J.C. ボースインド国立博物館

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android