コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒ素とマンガン

1件 の用語解説(ヒ素とマンガンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヒ素とマンガン

ヒ素は急性毒性発がん性のほか、感覚神経や皮膚などに異常を引き起こす慢性毒性もある。バングラデシュ、台湾、チリ、米国などでは、地層から地下水へ溶け出したことによる健康被害の報告例がある。国内では、田んぼで土壌1キロ中に15ミリグラム未満、河川や湖沼で水1リットルあたり0.01ミリグラム以下、水道水でも同0.01ミリグラム以下という基準がある。マンガンは水生生物への毒性が指摘されている。微量でも水が黒ずむため、水道水では1リットル中に0.05ミリグラム以下という基準がある。いずれも沈殿させるなどの手法で、浄水場で除去が可能とされている。

(2014-05-14 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒ素とマンガンの関連キーワード感覚神経知覚神経亜急性毒性試験急性毒性急性毒性試験発がん性発がん性試験慢性毒性試験発がん性分類感覚神経節

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒ素とマンガンの関連情報