コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒ酸(砒酸) ひさん arsenic acid

1件 の用語解説(ヒ酸(砒酸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひさん【ヒ酸(砒酸) arsenic acid】

化学式H3AsO4。オルトヒ酸orthoarsenic acidともいう。五酸化二ヒ素As2O5を俗にヒ酸ということもある。 ヒ素または三酸化二ヒ素As2O3を硝酸に入れて酸化窒素の発生がやむまで熱して酸化する。一度ろ過してから130℃まで徐々に熱して蒸発濃縮し,100℃以下に冷却するとH3AsO4・1/2H2Oの結晶が得られる。これは無色の板状晶で,融点36℃,潮解性。水に易溶,エチルアルコールに可溶である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒ酸(砒酸)の関連キーワード亜ヒ酸塩化金式量ヒ酸フタル酸化学式砒酸オルトシエソルトヒルオルソ花崗岩

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone