コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒ酸(砒酸) ひさんarsenic acid

世界大百科事典 第2版の解説

ひさん【ヒ酸(砒酸) arsenic acid】

化学式H3AsO4。オルトヒ酸orthoarsenic acidともいう。五酸化二ヒ素As2O5を俗にヒ酸ということもある。 ヒ素または三酸化二ヒ素As2O3を硝酸に入れて酸化窒素の発生がやむまで熱して酸化する。一度ろ過してから130℃まで徐々に熱して蒸発濃縮し,100℃以下に冷却するとH3AsO4・1/2H2Oの結晶が得られる。これは無色の板状晶で,融点36℃,潮解性。水に易溶,エチルアルコールに可溶である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒ酸(砒酸)の関連キーワード経口補水液ボリス ベレゾフスキー視能訓練士斡脱斡脱銭検眼砒酸ヒ(砒)酸ヒ酸砒酸