コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒ酸鉛 ヒさんなまりlead arsenate

2件 の用語解説(ヒ酸鉛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒ酸鉛
ヒさんなまり
lead arsenate

PbHAsO4 。無色単斜晶系板状晶。比重 5.94,約 280℃で水を失いピロヒ酸塩に変る。水に不溶,硝酸およびアルカリに可溶。殺虫剤として農薬に用いられる。特に消化液がアルカリ性の鱗翅目幼虫の殺虫に適している。誤用を防ぐため青色に着色している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒ酸鉛
ひさんなまり
lead arsenate

鉛のヒ酸塩をいう。化学式Pb3(AsO4)2。ただし通常ヒ酸鉛というときはヒ酸水素鉛()PbHAsO4、式量347.1をさし、殺虫剤、農薬として広く用いられる。
 酸化鉛()PbOと五酸化二ヒ素As2O5との計算量混合物を熱すると、その量によって各種のヒ酸鉛、オルトヒ酸鉛Pb3(AsO4)2、メタヒ酸鉛Pb(AsO3)2および二ヒ酸鉛Pb2As2O7が得られる。どれも水に不溶の淡黄色結晶。Pb3(AsO4)2は融点1042℃、比重7.30。PbHAsO4は、ヒ酸ナトリウム水溶液に硝酸鉛()を加えて得られる。無色の板状晶。水に不溶であるが、熱水中でゆっくり加水分解してヒ酸と塩基性塩となる。アルカリによって水溶性となるため、とくに消化液がアルカリ性の鱗翅(りんし)目幼虫に殺虫効果があり、0.4%ぐらいの懸濁液として用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒ酸鉛の関連キーワード砒酸鉛

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone