コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビアフォ氷河 ビアフォひょうがBiafo Glacier

1件 の用語解説(ビアフォ氷河の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビアフォひょうが【ビアフォ氷河 Biafo Glacier】

カラコルム山脈中央部のパンマー・ムスターグ(山脈)西端に広がるスノーレークから発し,南東へ流れてブラルド川に合流する氷河。全長約60kmある。1861年ゴドウィンオースティンが初めてこの氷河をさかのぼり,92年にはM.コンウェーフンザ川から東へヒスパー氷河をさかのぼり,ヒスパー峠(5151m)を越えてビアフォ氷河を下る探検を行った。1908年にW.H.ワークマン夫妻が,37年と39年にE.シプトンがビアフォ氷河に入り,スノー・レーク一帯,シム・ガング氷河,バインタ・ルクパル氷河など,源流域やおもな支氷河群を詳しく調査した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone