ビアンキ石(読み)びあんきせき(英語表記)bianchite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビアンキ石
びあんきせき
bianchite

亜鉛の含水硫酸塩鉱物の一つ。六水化物。ヘキサハイドライトhexahydrite(化学式Mg[SO4]・6H2O)系鉱物の一つ。Zn[SO4]・nH2Oについては、n=7の皓礬(こうばん)(硫酸亜鉛七水化物)が39℃まで安定、n=6の本化合物は70℃まで安定、n=1のガニング石gunningite(Zn[SO4]・H2O)に相当する化合物は250℃で脱水、無水の硫酸亜鉛は約740℃で分解する。ただ天然物は著量のFeOを含むため、安定領域は純粋なZn[SO4]・nH2Oのそれとはかならずしも一致しない。自形は合成物についてb軸方向に伸びた針状のものが確認されている。天然のものは皮膜状をなす。
 典型的な鉱山活動後の鉱物post-mine mineralの一つといわれ、各種亜鉛鉱床の坑道の壁面に他の硫酸塩とともに着生する。日本では、宮城県栗原市細倉鉱山の熱水鉱脈型亜鉛・鉛鉱床の坑道壁面上の着生物質中にみいだされた。亜鉛の源は他の亜鉛の二次鉱物とされる。共存鉱物としては、皓礬、緑礬(りょくばん)、石膏(せっこう)などがあるが、亜鉛の根源としては、水亜鉛土の存在が確認されている。同定は可溶性で室内で風解すること。他の硫酸塩と混在していると識別はできない。FeOを副成分として含んだものは、含まないものよりわずかに黄色味を帯びるが、端成分に近いものではほとんど無~白色である。命名はイタリア、パドバ大学の鉱物学者アンジェロ・ビアンキAngelo Bianchi(1892―1970)にちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android