ビエンヌ[川](英語表記)Vienne

世界大百科事典 第2版の解説

ビエンヌ[川]【Vienne】

フランス中西部の川。ロアール川の支流。全長約370km。マシフ・サントラル西部のミルバッシュ高原に源を発する。リモージュ近郊を通り,リムーザン丘陵を横切って西流したのち,直角に向きをかえ北流してソミュール付近でロアール川下流に合流する。下流部には工業都市として発展しつつあるシャテルローがある。中・上流部にはダムが多く,ロアール川水系の中では水力発電が最も盛んである。【小野 有五】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android