コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオイ・カサーレス ビオイ・カサーレス Bioy Casares, Adolfo

1件 の用語解説(ビオイ・カサーレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオイ・カサーレス
ビオイ・カサーレス
Bioy Casares, Adolfo

[生]1914.9.15. ブエノスアイレス
[没]1999.3.8. ブエノスアイレス
アルゼンチンの小説家。緊密な構成を誇る幻想的な愛の物語『モレルの発明』 La invención de Morel (1940) が代表作。『豚の戦記』 Diario de la guerra del cerdo (69) ,『ひなたで眠れ』 Dormir al sol (73) などのほか,多くの短編がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビオイ・カサーレスの関連キーワードブエノスアイレスラプラタルハンブエノスディアスブエノスアイレス午前零時ブエノスアイレスの熱狂えのすいカミニートラ・プラタブエノス・アイレス議定書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビオイ・カサーレスの関連情報