コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオラ・ダモーレ viola d’amore[イタリア]

世界大百科事典 第2版の解説

ビオラ・ダモーレ【viola d’amore[イタリア]】

弦楽器の一種。ビオラ・ダ・ガンバの機能とバイオリンの奏法をプラスし,さらに東洋で生まれたアイデアである共鳴弦を加えた独特な擦弦楽器で,出現したのは17世紀。すでにバイオリンビオラは存在しており,これらの楽器の前身ではない。主弦が6~7本,調弦は多種多様であり,長短3度,完全4度,完全5度を含み,多くはその曲の主和音を形づくる。楽器の本体はビオラ・ダ・ガンバであるが,フレットはなく,持ち方,運弓法はバイオリンと同様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビオラ・ダモーレの関連キーワードビオラ・ダ・ガンバガース ノックスアリオスティ浅妻 文樹ビオール族弦楽器ビオル

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android