コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオラ・ダ・ガンバ viola da gamba[イタリア]

世界大百科事典 第2版の解説

ビオラ・ダ・ガンバ【viola da gamba[イタリア]】

弦楽器の一族の名称。ルネサンス・バロック時代のヨーロッパには2種類の弓奏弦楽器が共存していた。ビオラ・ダ・ガンバ(脚のビオラの意)と,ビオラ・ダ・ブラッチョviola da braccio(腕のビオラ。バイオリン)である。おのおの大小相似の楽器で一族を構成している。前者は室内楽に,後者は祝祭・劇場・教会の音楽に尊重された。J.J.ルソーの〈心を和らげるためにガンバを,活気づけるためにバイオリンを〉という言葉は,この二つの楽器の性格をよく表している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ビオラ・ダ・ガンバの関連キーワードアインシュタイン(Alfred Einstein)マレー(Marin Marais)カール・フリードリヒ アーベルジギスヴァルト クイケンヴィーラント クイケンビオラ・ダ・ブラッチョビオラ・ダ・ガンバホルディ サバールビオラ・ダモーレビオラ・ダモーレトリオ・ソナタベルサイユ楽派オリジナル楽器アルノンクールタブラチュアイギリス音楽バス・ビオルマラン マレ大橋 敏成ビオローネ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビオラ・ダ・ガンバの関連情報