コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビキニ事件と三崎港

1件 の用語解説(ビキニ事件と三崎港の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ビキニ事件と三崎港

1954年3月から5月、米国は南太平洋マーシャル諸島ビキニ環礁などで6回にわたり、水爆実験をした。1回目の3月1日の爆発で、静岡県焼津港所属のマグロ漁船第五福竜丸の全乗組員23人が「死の灰」(放射性降下物)を浴びて被曝。半年後、無線長の久保山愛吉さんが急性放射線症で亡くなった。周辺海域で操業していた三崎港所属の「第13光栄丸」も被曝。三崎港まで積んできた約50トンのマグロは、千葉県野島崎の沖に捨てられた。三浦市がまとめた資料によると、三崎では同年12月までに約200トンのマグロが近くの空き地などに埋められたり、海に捨てられたりした。

(2012-03-21 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビキニ事件と三崎港の関連キーワードサイパン島第五福竜丸事件南太平洋FFAFESPIC反逆の南太平洋パシフィカフェスティバルビキニ事件中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)高村真夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone