コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビクトリア州会議事堂 ビクトリアしゅうかいぎじどう

1件 の用語解説(ビクトリア州会議事堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ビクトリアしゅうかいぎじどう【ビクトリア州会議事堂】

カナダのブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアにある、市のシンボル的存在の建物。ビクトリア女王即位60年祭に当たる1897年、インナーハーバーに面した一等地に建てられた、中央に高いドームがある城のような建物である。建物周回の石材とインテリアの木材は地元産、大理石はイタリア製で、ステンドグラスイギリスから運んだといわれる。2階には議会の会議室があり、タイミングがよければ窓越しに会議の様子を見学できる。夜は建物全体に約4000個の電球が灯り、建物の輪郭を描き出す

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビクトリア州会議事堂の関連キーワードウィスラーナナイモバンクーバー島ブリティッシュコロンビアギャスタウンケロウナシュメイナスペンティクトンスフェン岩ロッキー[山脈]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone