ビジェ・ルブラン(英語表記)Élizabeth Vigée‐Lebrun

世界大百科事典 第2版の解説

ビジェ・ルブラン【Élizabeth Vigée‐Lebrun】

1755‐1842
フランスの女流画家。ビジェは父方の,ルブランは夫の姓。父やベルネ,グルーズらに学ぶ。1779年よりマリー・アントアネット付の公式画家となり,《マリー・アントアネットとその子どもたち》(1787)など,王妃の肖像を約30点残す。83年アカデミー会員。ほかに,宮廷人や画家の肖像をロココ風の繊細さと簡潔な様式とで数多く描いた。大革命時代にはイタリア,オーストリア,ロシアなどで肖像を制作。自伝的回想録(1835‐37)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android