ビジャヤバーフ[1世](読み)びじゃやばーふ

世界大百科事典内のビジャヤバーフ[1世]の言及

【ポロンナルワ】より

…アヌラーダプラと並ぶスリランカの古都。11世紀に侵入した南インドのタミル人を追放して1070年ビジャヤバーフ1世が首都をアヌラーダプラから移し,12~13世紀のパラクラマバーフ1世とニッサンカ・マッラのとき最も栄え,タイやビルマ(現ミャンマー)からも多くの仏教僧が訪れた。人造湖の東に都城址が広がり,王宮跡,ストゥーパを安置する円形のワタダーゲー,蓮茎状の柱が残る建築ニッサンカ・ラター・マンダパヤ,タイの寺院建築との類似が指摘されている7層のサト・マハル・パーサーダ,タミル人の建立になる二つのシバ寺院(11世紀)などがある。…

※「ビジャヤバーフ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android