コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスビュー Visby

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビスビュー
Visby

スウェーデン南東部,ゴトランド県県都バルト海上,ゴトランド島北西部に位置する。ハンザ同盟都市と密接な関係を保ち,リューベックなどとともに 10~14世紀の北ヨーロッパ商業の中心地として栄えた。多くの教会遺跡や,1225年に建立され,のち修復された聖マリア大聖堂は往時の繁栄を物語っている。 1361年にデンマーク国王バルデマール4世によって占領されてから凋落し,20世紀にいたるまで人口1万未満の小都市となっていた。不凍港を有し,商業港としてにぎわう。製糖,金属,製材セメントなどの工場もあるが,歴史的な旧跡が数多くあるため,観光地として訪れる人も多い。 1995年世界遺産の文化遺産に登録。人口2万 1253 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビスビュー

ビスビューはスウェーデン本土の南東,バルト海の真ん中に浮かぶゴトランド島の西岸に位置する同島の中心都市。町の歴史はバイキング時代にさかのぼるが,12世紀以後ドイツ人が定住し,12〜13世紀にはハンザ同盟の主要貿易都市として繁栄した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビスビュー【Visby】

バルト海上,スウェーデン領のゴトランド島西部に位置する同島の中心都市。人口5万7000(1990)。同島の主産物であるテンサイ糖および食肉類の積出港であるとともに,市内には多少の工業生産も見られる。歴史は古くバイキング時代にさかのぼるが,12世紀以後ドイツ人が来訪・定住するとともに商都として隆盛を迎え,ハンザ商業成立の上で重要な役割を演じた(ハンザ同盟)。当初ロシアとの貿易の中継拠点となり,12~13世紀にバルト海貿易の主役を演じたが,ドイツ都市リューベックの台頭とともにその地位を奪われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビスビューの言及

【ゴトランド[島]】より

…ゴトランド商業は,12世紀ザクセンのハインリヒ獅子公(リューベックの建設者)と結び,ノブゴロドに商館をもつことで全盛を迎える。リューベック領域の自由通過権をうることによってドイツ,北海地方,イングランド,ノルウェーとの交易がなされ,他方リューベックをはじめとするハンザ同盟の商人もゴトランドの都市ビスビューを訪れた。12世紀末にはドイツ教会が建設された。…

※「ビスビュー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビスビューの関連キーワードゴトランド[島]計算センターMdN

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android