コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビズマーク[山脈] Bismarck Range

世界大百科事典 第2版の解説

ビズマーク[山脈]【Bismarck Range】

ニューギニア島の中央を東西に貫く大山脈群の東部の一角を占める山脈で,南東端は島の最東端のオーエン・スタンリー山脈へとつながる。パプア・ニューギニアの分水嶺の一つを形成し,3000mをこえる高峰がいくつもそびえ立つ。なかでもパプア・ニューギニアの最高峰ウィルヘルム山(4694m)やハーゲン山(4000m)はよく知られている。【吉岡 政徳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビズマーク[山脈]の関連キーワードパプア・ニューギニア

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android