ビタミンケー(英語表記)ビタミンK

大辞林 第三版の解説

ビタミンケー【ビタミンK】

脂溶性ビタミンの一。肝臓でプロトロンビンの生成を助け、血液の凝固作用を促進する。葉緑素を含む野菜やトマトなどに多く含まれる。人体内では腸内細菌によって合成されるが、新生児では欠乏症を生ずる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android