ビタミンビーじゅうに(英語表記)ビタミンB12

大辞林 第三版の解説

ビタミンビーじゅうに【ビタミンB12】

ビタミン B 複合体の一。水溶性。肝臓や牡蠣かきに含まれ、欠乏すると悪性貧血を起こす。吸収には胃粘膜から分泌される糖タンパク質を必要とする。シアノコバラミン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android