コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビチクチ(必闍赤) ビチクチbichighchi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビチクチ(必闍赤)
ビチクチ
bichighchi

モンゴル語で,中国の元・清時代の公文書の書記,翻訳官。モンゴル帝国では,大ハン,諸皇子に個別的に隷属。ウイグル文字に通暁したため,各オルドの各種の支配統治事務を担当,単なる翻訳官以上の存在だったとされる。元代では蒙古必闍赤と称され,モンゴル語をパスパ文字で書写することを職務とし,翻訳官をも兼ね,中央の主要官庁およびモンゴル的機関に配属された。この官職は元代では漢人にも一応開放されていたが,清代ではビトヘシ (筆帖式) と称され,八旗旗人にのみ開かれていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビチクチ(必闍赤)の関連キーワードエセンブハ(也先不花)モンゴル語

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android