コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッグバン(経済) ビッグバン

百科事典マイペディアの解説

ビッグバン(経済)【ビッグバン】

1986年10月,サッチャー政権によって行われたイギリス証券取引所の大改革を,宇宙のビッグバン(大爆発)になぞらえてこう呼ぶ。市場の効率性や流動性を増加させるため,売買手数料の自由化,ジョバー・ブローカー制度の廃止,証券取引所会員の外部資本への開放などが行われた結果,資本力のあるマーチャント・バンク(国際金融業者)が証券業務に参入するなど,競争が激化し,ロンドン市場が強力な国際金融センターとなる基盤ができあがるきっかけとなった。
→関連項目金融サービス法ロンドン株式取引所

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ビッグバン(経済)の関連キーワードジャーマン今西祐行灰谷健次郎アイゼンマン木村敏桑原史成新藤兼人彗星・小惑星探査機スペースシャトル中川李枝子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android