コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニツァ州 ビニツァVinnitsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビニツァ〔州〕
ビニツァ
Vinnitsa

ウクライナ中西部の州。州都ビニツァ南ブーグ川の上流域を占め,南西部のポドリスク丘陵と北東部のプリドネプル丘陵から成り,河谷により分断された地形を示す。北部は森林ステップ,南部はステップ地帯に入り,耕地化が進んでいる。住民の半数が農村に居住し,テンサイ栽培・製糖地域として知られている。また,冬コムギ,果樹などの栽培,畜産も盛ん。工業部門には食品 (製粉,醸造酒,油脂,果実缶詰,食肉) ,木材加工,建設資材などの工業がある。州内をオデッサとキエフを結ぶ鉄道が通り,南ブーグ川のほか,南西の州境を流れるドネストル川が水運に利用される。面積2万 6500km2。人口 191万 4400 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android