コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニツァ ビニツァVinnitsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビニツァ
Vinnitsa

ウクライナ中西部,ビニツァ州州都。首都キエフの南西約 200km,南ブーグ川にのぞむ。 1363年リトアニアの要塞が築かれたのが始りで,のちにポーランド領,1793年ロシア領となった。市の発展は 1870年,キエフ-オデッサ間の鉄道が建設されて市を通るようになってからであった。農業地帯の中心地として,食品工業 (油脂,果実缶詰) が発達しており,ほかに化学 (肥料) ,電機,建設資材などの工業がある。医科大学,教育大学,人形劇場,交響楽団などがある。人口 38万 1000 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビニツァの関連キーワードジュパンチッチポドリア

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビニツァの関連情報