コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニヒ Binnig, Gerd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビニヒ
Binnig, Gerd

[生]1947.7.20. フランクフルト
ドイツ生れの物理学者。 1978年フランクフルト大学で学位取得後,スイスの IBMチューリヒ研究所に入り,H.ローラーとともに走査トンネル顕微鏡 STMを開発した。量子効果を利用し,微細な電極と物質表面の間を流れる電流の変化を計測する STMは,表面のひとつひとつの原子の並び方まで観察を可能にした。ローラー,最初の電子顕微鏡を開発した E.ルスカとともに 86年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビニヒの関連キーワード物理学者スイス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android