コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビバリーニ家 ビバリーニけ

世界大百科事典 第2版の解説

ビバリーニけ【ビバリーニ家】

15世紀ベネチアの画家一族。アントニオAntonio Vivarini(1415ころ‐76か84),その弟バルトロメオBartolomeo V.(1432ころ‐91ころ),アントニオの息子アルビーゼAlvise V.(1446ころ‐1503か05)からなる。アントニオはドイツ出身の画家ジョバンニ・ダレマーニャGiovanni d’Alemagnaと協同で,ゴシック,ビザンティン,ルネサンスそれぞれの様式の混在する《聖母戴冠》(1444,ベネチア,サン・パンタレオーネ教会)を制作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ビバリーニ家の関連キーワードクリベリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android