コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビブリア・パウペルム Biblia pauperum

1件 の用語解説(ビブリア・パウペルムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビブリア・パウペルム【Biblia pauperum】

聖書に題材をとった中世の版画集。〈貧者の聖書〉の意。文盲者用に作られ,最古のものは13世紀中葉のエドモン・ド・ロチルド所蔵のものと言われるが,この名称は後年に与えられた。1460年ころ,おそらくフランスで,テキストとともに図版が木版で刷られて普及し,15~16世紀を通じて芸術家たちの主要な着想源(タピスリーの下図など)になった。キリスト降誕から幼年時代を経てキリストの再臨,すなわち〈最後の審判〉に至るまで,各場面の図像は旧約聖書の史実と関連づけられた寓意的表現をとっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビブリア・パウペルムの関連キーワード湯浅半月現代劇ミニョン時代小説オペラブッファ時代劇貧者の一灯ベツレヘムの星小野忠重『西遊記』

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone