コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャクダン(白檀)油 びゃくだんゆ

百科事典マイペディアの解説

ビャクダン(白檀)油【びゃくだんゆ】

ビャクダンの根および材を細片とし加圧水蒸気蒸留して得られる精油。サンタロールを主成分とする淡黄色のねばりのある液体で,特有の芳香をもつ。東洋調のセッケン香料,調合香料,医薬として用いられる。
→関連項目精油ビャクダン(白檀)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ビャクダン(白檀)油の関連キーワードビャクダン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android