コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュフィエ Buffier, Claude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュフィエ
Buffier, Claude

[生]1661.5.25. ワルシャワ
[没]1737.5.17. パリ
ポーランド生れのフランスの哲学者。パリのイエズス会学院で教えた。知識の究極的原理を探求した主著『第一真理と判断の源泉とについて』 Traité des vérités premières et de la source de nos jugements (1724) において,デカルトの原理を心理学的に展開し,人々が外的対象について等しい判断を下す根拠を常識に求め,スコットランドの常識哲学に多大な影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビュフィエの関連キーワードデュピュイトランスコットランドデカルト哲学者原理主著

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android