コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュフィエ ビュフィエBuffier, Claude

1件 の用語解説(ビュフィエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュフィエ
ビュフィエ
Buffier, Claude

[生]1661.5.25. ワルシャワ
[没]1737.5.17. パリ
ポーランド生れのフランスの哲学者。パリのイエズス会学院で教えた。知識の究極的原理を探求した主著『第一真理と判断の源泉とについて』 Traité des vérités premières et de la source de nos jugements (1724) において,デカルトの原理を心理学的に展開し,人々が外的対象について等しい判断を下す根拠を常識に求め,スコットランド常識哲学に多大な影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビュフィエの関連キーワード順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様藩札文字の獄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone