コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラム型微風計 ビラムがたびふうけいBiram type anemometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビラム型微風計
ビラムがたびふうけい
Biram type anemometer

円筒枠内に 8枚羽根をつけた風程を測定するプロペラ型の風速計。小さい風速の測定に用いる。イギリスのベンジャミン・ビラムにより考案された。熱線風速計超音波風速計のほうが感度の点で優れているが,ビラム型微風計は取り扱いが簡単で低価格のため,よく使用される。回転羽根を風の吹く方向に正対させて使用する。羽根の回転は時計型の指針で指示され,1周に要する時間または一定時間の風体により風速を求める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android