コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラール・ド・オヌクール ビラール・ド・オヌクールVillard de Honnecourt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビラール・ド・オヌクール
Villard de Honnecourt

[生]1225頃.ピカルディ
[没]1250頃
13世紀前半に活躍したフランスの建築家。ホーセルのシトー会の聖堂建築にたずさわり,のちにカンブレー,ラン,ランス,モー,シャルトルなどの聖堂建築に従事したと伝えられる。スイス,ハンガリーを訪問し,フランスのゴシック建築技法を伝えた。作品は現存せず,唯一の文献は彼の残したスケッチブック『建築図集』 Livre de Portraiture (1235,パリ国立図書館) で,建築の見取図,細部の構造,柱頭や壁面の装飾,器材,技術,武器,道具類の製法,人物,動物など約 330のスケッチ,覚え書,理論などが記されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビラール・ド・オヌクール

13世紀のフランスの建築家。生没年不詳。ランス,シャルトル等の300余のデッサンとテキストによる建築図集(ビブリオテーク・ナシヨナル蔵)で有名。建築細部,彫刻,装飾文様や道具等のデッサンに覚書や研究メモが書きこまれ,中世美術研究の貴重な史料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ビラール・ド・オヌクールの関連キーワードラン大聖堂