コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラ・ジュリア美術館 ビラジュリアびじゅつかん Museo Nazionale di Villa Giulia

1件 の用語解説(ビラ・ジュリア美術館の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビラジュリアびじゅつかん【ビラ・ジュリア美術館 Museo Nazionale di Villa Giulia】

ローマのボルゲーゼ公園北端にあり,エトルリアの考古,美術を主とする国立美術館。ビラ・ジュリアは1553年教皇ユリウス3世が建設した別荘であったが,1889年国立美術館となり現在にいたっている。収蔵品は現在7万5000点余にのぼる。おもな収蔵品のうち,1階にあるウルカ作《ベイオのアポロン》の塑像は,ギリシアアルカイク様式をもちながらも独特の強い生命力の躍動を示し,衣紋と頭髪の表現には東洋風の線彫がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビラ・ジュリア美術館の関連キーワードエトルリアエトルリア語エトルリア人タルキニア口の端に上るフルゲートボルゲーゼ公園ローマの泉ローマの松ローマの祭り

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone