ビラ・ジュリア美術館(読み)ビラジュリアびじゅつかん(英語表記)Museo Nazionale di Villa Giulia

世界大百科事典 第2版の解説

ビラジュリアびじゅつかん【ビラ・ジュリア美術館 Museo Nazionale di Villa Giulia】

ローマのボルゲーゼ公園北端にあり,エトルリアの考古,美術を主とする国立美術館。ビラ・ジュリアは1553年教皇ユリウス3世が建設した別荘であったが,1889年国立美術館となり現在にいたっている。収蔵品は現在7万5000点余にのぼる。おもな収蔵品のうち,1階にあるウルカ作《ベイオアポロン》の塑像は,ギリシア・アルカイク様式をもちながらも独特の強い生命力の躍動を示し,衣紋と頭髪の表現には東洋風の線彫がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android