ビラ・ロボス(英語表記)Heitor Villa‐Lobos

世界大百科事典 第2版の解説

ビラ・ロボス【Heitor Villa‐Lobos】

1887‐1959
ブラジル近代の代表的作曲家。父にチェロを学ぶ。18~25歳の頃,ブラジル中を旅し,各地の民俗音楽に接したことが,後に,西洋音楽とブラジル音楽の融合を図るきっかけとなる。1915年以降,自作演奏会を定期的に開き,少しずつ才能が認められ,23年援助を受けて渡欧。パリの芸術家と交わり,新たな刺激を受ける。30年にリオ・デ・ジャネイロに帰ってからは,国立音楽院(1942),音楽アカデミー(1945)を設立し,指揮者としても活躍した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android