コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラ・ロボス Heitor Villa‐Lobos

世界大百科事典 第2版の解説

ビラ・ロボス【Heitor Villa‐Lobos】

1887‐1959
ブラジル近代の代表的作曲家。父にチェロを学ぶ。18~25歳の頃,ブラジル中を旅し,各地の民俗音楽に接したことが,後に,西洋音楽とブラジル音楽の融合を図るきっかけとなる。1915年以降,自作演奏会を定期的に開き,少しずつ才能が認められ,23年援助を受けて渡欧。パリの芸術家と交わり,新たな刺激を受ける。30年にリオ・デ・ジャネイロに帰ってからは,国立音楽院(1942),音楽アカデミー(1945)を設立し,指揮者としても活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビラ・ロボスの関連キーワードアントニオ メネセスリオ・デ・ジャネイロH. ヴィラ・ロボスネルソン フレイレヴィラ・ロボスヒナステラ国民楽派フレイレジョビンバッハ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android