ビリリ

大辞林 第三版の解説

ビリリ【bilis】

〔胆汁の意〕
江戸時代、オランダ人が伝えた苦味の強い薬剤。魚の胆きもに薬を加えて製したものという。歯痛・解毒・霍乱かくらんなどに効くとされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android