ビルゲカガン(英語表記)Bilgä Khaghan

デジタル大辞泉の解説

ビルゲ‐カガン(Bilgä Khaghan)

[?~734]中国代の東突厥(とっけつ)の可汗(王)。在位716~734。唐に対して妥協政策をとり、民族の統一に努めたが暗殺された。その功績は突厥碑文に残る。ビルゲ‐ハガン。→突厥
[補説]「毗伽可汗」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ビルゲ‐カガン

(Bilgä Kaghan) 突厥第二帝国第三代の可汗(在位七一六‐七三四)。漢名毗伽可汗。鉄勒、契丹などの近隣諸部族を討ち、勢力の発展に努めた。その功績を記したオルホン碑文は、歴史学・言語学上の貴重な資料である。(六八四‐七三四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android