コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビル風害 ビルふうがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビル風害
ビルふうがい

超高層ビル周辺で発生する異常な強風。人が吹飛ばされたり,商店街の表戸が開けられないなどの被害が生じる。実態調査,風洞実験などの結果,ビルの周辺では,風速が 1.5倍から2倍に強まることが確かめられた。主として風がビルに当り,その一部がビルの側方を剥離風となって吹抜けて生じるとされる。そこで強風域は,風上に対して,ビルの左右の側方から風下の区域に発生する。また,風向に対して,ビルが重なってある場合,前方のビルの後風と,後方のビルの前面の逆風などが合して,ビルの谷間に強風が発生するとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビル風害の関連キーワード公害

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android