コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビレル・コトレ王令 ビレル・コトレおうれいOrdonnance de Villers-Cotterêts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビレル・コトレ王令
ビレル・コトレおうれい
Ordonnance de Villers-Cotterêts

1539年フランス王フランソア1世によって発せられた王令。大法官ギヨーム・ポアイエが企画し,刑事訴訟原則の設定をはじめ裁判制度の改訂,裁判判決と記録のラテン語に代るフランス語の使用,また各司祭に対する聖堂区記録の記載義務づけなどを命じた。法的・行政的整備を意図した王令。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビレル・コトレ王令の関連キーワードバリニャーノエティエンヌ父子バトラー家三統暦岐阜城シク教島井宗室長宗我部元親鳥居元忠長谷川等伯

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android