コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビレル・コトレ王令 ビレル・コトレおうれいOrdonnance de Villers-Cotterêts

1件 の用語解説(ビレル・コトレ王令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビレル・コトレ王令
ビレル・コトレおうれい
Ordonnance de Villers-Cotterêts

1539年フランスフランソア1世によって発せられた王令。大法官ギヨーム・ポアイエが企画し,刑事訴訟原則の設定をはじめ裁判制度の改訂,裁判判決と記録のラテン語に代るフランス語の使用,また各司祭に対する聖堂区記録の記載義務づけなどを命じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビレル・コトレ王令の関連キーワードエティエンヌ父子三統暦岐阜城シク教島井宗室鳥居元忠前田玄以伺事記録スカンジウムデ・ソト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone