コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンギョル Bingöl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンギョル
Bingöl

トルコ東部中央の都市,同名県の県都。エラズー東北東約 110km,ムラト川の支流沿岸に位置する。市名は北東のビンギョル山にかけて点在する無数の湖沼 (ビン〈千〉,ギョル〈湖〉) に由来する。 1966年の地震で大きな被害を受けた。周辺地区の穀物,畜産物を集散する。西のエラズー,東のムシュと道路で結ばれている。人口4万 1680 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビンギョルの関連キーワードトロス山脈

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android