コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンニャー・ダラ Binnya Dala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンニャー・ダラ
Binnya Dala

[生]1518頃
[没]1572. ペグー
ビルマ (現ミャンマー) ,タウングー時代のモン族の軍人。ビルマ王バインナウンに仕え,戦略家として活躍する一方,モン語の史書を『ラーザダリッ戦記』 Razadirit Ayedawbonと名づけてビルマ語に翻訳した。これはモン族のハンタワディ国王ラーザダリッ (在位 1385~1423) の生涯をビルマ族のインワ国王ミンカウン1世との抗争を中心に描いたもので,貴重な歴史文献の一つ。平易簡潔で力強い文体により有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビンニャー・ダラの関連キーワードエリザベス(1世)安土桃山時代(年表)景徐周麟オルチ・レイスゴルコンダ王国ラファエッロシャンソン(フランス中世多声歌曲)伝習録ビレラフェリペ=デ=ヘスース

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android