コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンフォード Binford, Lewis R.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンフォード
Binford, Lewis R.

[生]1931.11.21. バージニア,ノーフォーク
[没]2011.4.11. ミズーリ,カークスビル
アメリカ合衆国の考古学者。フルネーム Lewis Roberts Binford。1957年ノースカロライナ大学で理学士号,1964年ミシガン大学で人類学博士号を取得。1961~65年シカゴ大学,1968~91年ニューメキシコ大学,1991~2003年南メソジスト大学などで教鞭をとった。画期的な論文『人類学としての考古学』Archaeology as Anthropology(1962)で考古学界に大きな影響を与え,「新考古学」と呼ばれる分野を確立した。考古学者は発掘した埋蔵品の目録作成よりも,埋蔵品などから明らかになる先史文化の探究に力を注ぐべきだと主張したこの論文は,当初論争を呼んだ。オーストラリア,アフリカ,アラスカの狩猟採集民の実地研究を行なったほか,新考古学の研究方法でムスティエ石器(→ムスティエ文化)やアラスカのヌナミウト族の狩猟活動を研究した。150をこえる論文のほか,『考古学の新たな視点』New Perspectives in Archaeology(1968)をはじめとする 18冊の著書がある。2001年全米科学アカデミー会員。2008年アメリカ考古学会の生涯功績賞を受賞した。(→考古学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビンフォードの関連キーワードニュー・アーケオロジー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android