コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビール系飲料の課税

1件 の用語解説(ビール系飲料の課税の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ビール系飲料の課税

ビール、発泡酒、第3のビールの順に税額は安くなる。麦芽を原料の3分の2以上使うものがビールで、発泡酒は3分の2未満、第3のビールはエンドウや大豆のたんぱくなど麦芽以外のものを原料にしたり、発泡酒に別のアルコールを混ぜたりしてつくる。酒税法の規定では主に麦芽の比率で税率を決めてきたので、日本のビール会社は麦芽比率を下げる製品開発を進めた経緯がある。独、英、仏などはアルコール度数に応じて税率を決めている。

(2009-10-14 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビール系飲料の課税の関連キーワード生ビール第3のビールラガービール缶ビール第三のビールドライビールビール系飲料淡色ビール濃色ビールビール麦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビール系飲料の課税の関連情報