コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピア・ツー・ピア ピア ツー ピア

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ピア・ツー・ピア

専用のサーバーを使うことなく、接続されたコンピューター同士が相互にコミュニケーションするネットワーク形態。利用例としては、IP電話やSkypeなどのインターネット電話、インスタントメッセンジャーファイル共有ソフトなどがある。比較的低コストにネットワークを構築できることと、クライアントの数に制限がないことから、現在のクライアント・サーバー型に代わる次世代インターネットの技術として注目されている。ただし、データのやり取りに個人のコンピューターが経由されることによる個人情報の漏えいやウイルスの蔓延などが起こりやすい、といったセキュリティー上の問題が課題となっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ピア・ツー・ピア

遠くに離れたパソコン同士で1対1の通信を行うことです。「ピア」には「同等の仲間」という意味があります。その読みから「P2P」とも書きます。両者が共通のサーバーに接続し、サーバー経由で通信をしたり、どちらか一方がサーバー、一方がクライアントになるような決まった役割をもったりしないのが特徴です。現在は主にファイル交換やインスタント・メッセージングで利用されていますが、P2Pの用途はそれだけにかぎりません。
⇨インスタント・メッセージング、
クライアント、サーバー

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

ピア・ツー・ピアの関連キーワードファイル交換ソフトWinnyスカイプ

ピア・ツー・ピアの関連情報