ピウスツキ(読み)ぴうすつき(英語表記)Bronisław Piłsudski

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピウスツキ(Bronisaw Pisudski)
ぴうすつき
Bronisaw Pisudski
(1866―1918)

ポーランドの民族学者。軍人、政治家J・ピウスツキの兄。1887年、ロシア皇帝アレクサンドル3世暗殺未遂事件に加わって、サハリン(樺太(からふと))に流刑された。それ以来、島内の先住民族、ニブヒ、ウイルタ、アイヌの習俗や言語に強くひかれた。ことに、1903~05年にかけては、長期の現地調査を行い、その際、早くもエジソンの蝋管(ろうかん)蓄音機を使って、アイヌの肉声を録音したことは、民族学への先駆的試みとして特筆される。日露戦争勃発(ぼっぱつ)の翌年(1905)に、日本を経て帰国。8か月の滞日中に人類学者の坪井正五郎(しょうごろう)や鳥居龍蔵(りゅうぞう)をはじめ、社会主義者などとも交際し、ことに作家の二葉亭四迷と親交を結んだ。業績としては、約50編の論文と一冊の著書『アイヌの言語・民話研究資料』(1912)を公表したが、未刊の遺稿が多数残されている。最近、彼の録音蝋管が最新技術で再生され、80年前のアイヌの肉声がよみがえったことをきっかけに、再評価が進んでいる。[大塚和義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピウスツキの関連情報