コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピエトロ・デラ・ビニャ ピエトロ・デラ・ビニャ Pietro della Vigna; Pier delle Vigne

1件 の用語解説(ピエトロ・デラ・ビニャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピエトロ・デラ・ビニャ
ピエトロ・デラ・ビニャ
Pietro della Vigna; Pier delle Vigne

[生]1190頃.カプア
[没]1249. ピサ近郊
イタリアの文人,外交官。ピエル・デレ・ビニェとも呼ばれる。ラテン名 Petrus de Vinea。貧民 (両親は乞食をしていたといわれる) の出身で,ボローニャで法律を学び,1221年神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の宮廷に行き,そこで登用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピエトロ・デラ・ビニャの関連キーワードプアーカプセルベッドパプア亜区カプシドワープアアップアップアップリケマカプゥカプアイワ-ココナッツグローブカプアの判決文サンタ・マリア・ディ・カプア・ベテレ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone