コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピエロ・ディ・コジモ Piero di Cosimo

1件 の用語解説(ピエロ・ディ・コジモの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピエロ・ディ・コジモ【Piero di Cosimo】

1462ころ‐1521ころ
イタリアの画家。フィレンツェ生れ。コジモ・ロッセリCosimo Rosselliの弟子。伝統的なキリスト教主題の作品においては保守的な作風を示したが,そのほかにきわめて奇抜な着想に満ちた神話画や肖像画を描く。ことに当時まだ作例の少なかった神話画においては,人間の原初の状態を空想的に描き出すのを得意とした。アンドレア・デル・サルトの師であったことが知られている。【鈴木 杜幾子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピエロ・ディ・コジモの関連キーワード疎水コロイドピサーノフォスコロ保護コロイドリッピイタリアンコロイド化学コロイド溶液ドゥッチョ正コロイド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone