ピエール・オーギュスト ルノアール(英語表記)Pierre Auguste Renoir

20世紀西洋人名事典の解説

ピエール・オーギュスト ルノアール
Pierre Auguste Renoir


1841.2.25 - 1919.12.3
フランスの画家
リモージュ生まれ。
13歳から製陶工場の絵付修業をする一方、夜学素画を学び、画家を目指す。後に「カフェ・ゲルボアの集い」に参加、印象主義の技法やビジョンの形成へと向い、1874年第1回印象派展に出品。1869〜80年には印象派を代表する作品を多数発表し、外光に敏感な色面分割と筆触並列法が特徴。後、魅惑的な肖像や室内像を多く描き、1888年以降は「真珠色の時代」へと移行。主な作品に「狩猟ディアナ」(1867年)、「水浴の女たち」(1918年)など。1900年レジオン・ドヌール勲章を授与される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android