コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピエール・ド・ブロア ピエール・ド・ブロアPierre de Blois

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピエール・ド・ブロア
Pierre de Blois

[生]1135頃.ブロア
[没]1212頃
フランスの文筆家,詩人。ブルターニュの貴族の家系に生れ,ボローニャで法律,パリで神学を修め,聖職につき,イギリスフランスイタリアなどの王侯,聖職者に仕えた。 1174年頃イギリスに行き,多才多作,古典や聖書の学識の深さなどでヘンリー2世時代 (1154~89) の末期に名をなした。ラテン語の書簡集で名高い。ローマ教皇アレクサンデル3世の名でセルジューク・トルコスルタンに送った書簡 (79頃) は特に重要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピエール・ド・ブロアの関連キーワード保延スティーブン[ブロアの]トーマス教会フリードリヒ2世ナバス・デ・トロサの戦い消えた高齢者圜悟克勤徽宗行尊クレチアンドトロワ