コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピエール・ド・マンディアルグ André Pieyre de Mandiargues

世界大百科事典 第2版の解説

ピエール・ド・マンディアルグ【André Pieyre de Mandiargues】

1909‐91
フランスの小説家,詩人,評論家。パリ生れ。〈遅れてきたシュルレアリスト〉といわれる幻想的作風の持主。母方の祖父P.ベルナールは印象派絵画の収集家として有名であり,幼時より芸術的環境の中で育った。大学では考古学を学ぶかたわらヨーロッパ各地を旅行,特に地中海沿岸の土地を愛し,後年作品の舞台としても頻繁に取り上げている。第2次大戦のドイツ軍占領中は,政治的葛藤に巻き込まれることを嫌ってモナコへ逃避,その地において戦乱をよそに反時代的創作に専念し,短編集《汚れた年月》(1943),詩集《エデラ》(1945)を自費出版した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ピエール・ド・マンディアルグの関連キーワードシュルレアリスムマンディアルグゴンクール賞クリチック賞3月14日金井美恵子幻想文学ドボー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android